子ども同士の関係性にも時には影響するママ友との付き合い

バレずにお金を借りる

子どもがいるママにとって欠かせないのがママ友との付き合いです。

 

特に近年は子どもだけではなく、ママ友同士の関係も濃くなっているため、そうした輪から外れてしまうと、自分自身が疎外されてしまうだけではなく、子どもがいじめられてしまうなどの悪影響も起こりえます。

 

そうした事態を避けるためにも、ママ友とは上手に付き合っていくことが重要となっているのです。

 

しかし、ここで気になるのが1ヶ月にどのくらいの出費があるのかということでしょう。

 

ママ友との定番の付き合いであるランチで考えてみると、ランチの頻度にもよりますが週一回1500円前後のランチをするのであればおよそ6000円は必要となります。

 

もちろん、これはランチだけに限定した出費ですので、これに加えてショッピングや家族間のイベントごとなどを共有する機会があれば、さらに出費は増えるといえるでしょう。

 

この時、働いている方と専業主婦の方では金銭感覚に違いが起こりがちですので、ここにずれがある方と仲良くするとなると、人によってはかなり大きな負担となってしまうケースも珍しくありません。

 

ただでさえ、子育て中はなにかとお金がかかるものですので、ママ友との付き合いは大切であっても、それに対する出費があまりにも多いと金銭的な余裕がなくなってしまうこともあるはずです。

 

もちろん毎回、こうした付き合いに参加する必要はありませんが、急な誘いに備えていつでもお金をキャッシングできるカードを持っておくと安心といえます。

 

最近はこうしたママのためのキャッシングカードローンサービスも充実しており、少額であれば収入証明が不要で利用できるサービスもあるので、万一に備えておくとよいでしょう。

 

ただし、毎回、こうしたキャッシングを利用するのではなく、出来るだけ自分で使えるお金を貯金しておくことや毎月の予算を決めておくなどして、無駄な借金を増やさないように心掛けましょう。

 

また無理をして金銭感覚の違うママ友と付き合うのではなく、自分が楽しめる関係性を築ける友達を作るようにすることも大切です。

関連ページ

クレジットカードの現金化に手をつけちゃだめ!
クレジットカードの現金化は、一般的な方法でお金を借りれない人にとって、喉から手が出るほどの甘い誘惑かもしれませんが、一度手をつけてしまったばあい、長い返済期間が続くことを覚悟しましょう。