クレジットカードの現金化に手を出すな

バレずにお金を借りる方法

クレジットカードの現金化については、ニュースなどで見聞きしたこともあると言う人も多いかもしれません。

 

しかしその一方で、見聞きしたことはあるけれど、いまいち内容がよくわからないと言う方がほとんどかと思われます。

 

クレジットカードの現金化は、古物営業の許可をとった業者によって行われるのが一般的です。

 

そのような業者が消費者に対し、クレジットカードのショッピング枠を利用して商品を購入させた後、購入代金よりも低い金額でその商品を買い取ることで、消費者が現金を手に入れることができるようにする仕組みのことです。

 

古物営業の許可は、中古品売買を行うためには必要な許可です。

 

そしてクレジットカードの現金化の流れにおいては、クレジットカードを使用して購入した商品が中古品として業者に買い取られます。

 

ですから、この許可が必要になっていると言うわけです。

 

業者にしてみれば、消費者が支払った購入代金と買い取るために支払った金額の差額が儲けになるわけですし、消費者側にしてみてもすぐに現金が入るので、一見するとどちらにとっても損は少ないシステムのようにも見えます。

 

しかしこれには違法性や詐欺の恐れが潜んでいる可能性もあります。

 

まず違法性に関してですが、これは現時点では限りなく黒に近いグレーと言う扱いです。

 

そもそもクレジットカードのショッピング枠は現金を入手するためにあるものではありませんし、このような取引方法はカード会社も国も認めてはいません。

 

また古物営業の許可をとっていることを、さもクレジットカード現金化の許可をとっているようにして宣伝している業者もありますが、両者には何の関係もないため、これは詐欺にあたる可能性もあります。

 

また業者の中には、劣悪な商品を購入させる、決済だけさせてキャッシュバックは行わない、法外な手数料を要求すると言う業者も存在しています。

 

勿論、そうではない業者も存在していますが、冷静に考えれば、現金がすぐに手に入るとは言え、その金額が購入した商品の金額以上になることは絶対にないのです。

 

つまり損得で言えば損をしていることになるわけです。

 

加えて違法性や詐欺の可能性が完全に否定できていないわけですから、クレジットカードの現金化には手をつけないのが賢明です。

関連ページ

ママ友との付き合いで一か月にだいたいこれぐらいの出費があります
ママ友との付き合いで一か月にだいたいこれぐらいの出費があります